FC2ブログ
--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006
03
19

みなさ~ん!<

まず報告いたします。


うちの「くう」は無事 母親になりました。
      
                   20060319111341.jpg

 
                   

なんと6匹

では今後出産を迎える方の為に出産の前兆から書きたいと思います。

「みゅう」と「くう」の家族誕生
一週間ほど前より ほとんどの時間寝るようになった「くう」
3日くらい前から急に「みゅう」が発情したようで「くう」を追いかけ回す。(そんなお腹の大きな「くう」になんちゅうことすんねん) でも「くう」も 逃げ込んでくるでもなく「みゅう」との時間を楽しんでいるかのよう・・・。そのころ床に「くう」の分泌物を発見。(あ~「みゅう」は これに反応したのかー)そして金曜の夜。お腹が少し堅くなっている。(これは近い!)急いで部屋にある物を片付け「よし!いいよ!」でも・・・そっから変化なし。寝てる間に生むのかなぁ?って思いながら土曜の朝を迎えた。今日は実家での仕事の為、子供も連れて出かけた。ここ何日か 今日生まれるかな?って思いながら待ち続けていたので待ちくたびれていたとこもあって、家をあけても大丈夫やろ~っと勝手に思っていた。うん。大丈夫やった。しかし・・・
夕方 家族の集う居間にきた「くう」はいつもと違っていた。ほとんど鳴くことのない「くう」が私の顔を見ては鳴く。主人に寄っていっては鳴く。そして、少しの出血。こ・れ・は・・・いよいよだ~。ドキドキしながらも産婦人科医になった気分
20060319111503.jpg
陣痛中
                         20060319111330.jpg
                         いきみ中


「くう、頑張りや。大丈夫。ずっと一緒にいてるから。痛いなー痛いなー。赤ちゃんも頑張ってるから『くう』もガンバんねんで~。そうそう。もっともっと・・」出た!なんか水風船みたいなもんが。
                   P110004.jpg

主人の叫び「逆子や~」な~んてたくましい主人なんでしょう。躊躇することなく手をのばし、横になった「くう」の体から水風船を引っ張りだした。「くう」も迷うことなく我が子の処理をきちんとこなし愛情いっぱいに舐めていた。   
                   20060319111525.jpg
PM6:17第一子誕生。一匹目が綺麗になったころ次の陣痛。陣痛の合間にも先の子に愛情を注いでる姿をみて、なぜか羨ましくなってしまった。人間は医者の力を借り、病院で管理してもらうため、安心して出産できるけど、出産後は 今まで体の中にいた子供と離ればなれになり、休息はできるけど 少し寂しい気持ちになる。猫は休むこともできないけど産む前も産んでからも ずっと子供と一緒にいてる。そんなことが羨ましかった。さあ、第二子。この子は頭から降りてきたけど胎盤がまだ出ていないのに「くう」が動き始めたので ここでも主人登場!今日はヒーローに見えるわ。手慣れた手つきでスーッっと出してやる。羊膜までムキムキしはじめた。(あんたは「くう」の旦那かいな)無事「ぐにゅっ」みたいな声をあげ動き始めた。PM6:37第二子誕生。そしてすぐ第三子。ここでも主人活躍。赤ちゃんがでてすぐ足をあげて舐め始めた「くう」体制を変えようと動き始めたら胎盤が中にあるため、赤ちゃんをぶら下げての移動になってしまった。ぶらさがった赤ちゃんはさすがに辛いらしく鳴いていたので主人が引っ張り胎盤をだした。居間の真ん中で出産していた「くう」は数が増えた赤ちゃんをこのままでは管理できないと思ったのか産箱に運びこみ家族の空間を作った。さ~ここまできたら「くう」も経験者。第四子は{にゃ~}の一声で出産。第五子では{にゃ~}の一声もなく 数を数えて初めて一匹増えたことに気づいたくらい。第六子は夜中にガサガサしていたので その時 産んだのでしょう。
今日の朝には「くう」は母親の顔になっていた。赤ちゃんも生まれたすぐは 頼りなくか弱かったのに ママのおっぱいの争奪戦を繰り返しやっている。たくまし~
                   20060319111536.jpg


初めての出産でわからないことだらけ。不安がいっぱいやった私を励まし「くう」を応援してくださった皆様に感謝いたします。ありがとうございました。これからはチビの成長を見守ってください。宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト
Comment
 


管理者にだけ表示を許可する

[26]

おめでとうございます!!!!!!!!!!!

くうちゃんがんばりましたね!!!

普通ねこちゃんて生んだ後とかはすごく敏感になるようで
人間が触ろうとするとお母さんが仔猫を殺してしまうとか
聞いたことありますが
くうちゃんは肝がすわってるんですね~~^^
無事に生まれてよかったです!!!!
おつかれさまでした!!
ちびちゃんたちの様子ぜひぜひみたいです!!
写真のアップなどよろしくお願いします!

[27]

nyambiさん
ありがとうございます。どこまで干渉していいのか迷いましたが目の前で出産を始めたので、心を開いてくれてるって思いました。殺すって話も聞いていたので、産箱に入ってからも心配でしたが、とってもかわいがってくれています。いいお母さんになってくれそうです。

[28]

それはよかったです!!!
きっと「このひとたちは悪さなんかしないわんw」って
思ってたんでしょうかね!くうちゃんはちゃんと愛されてることをわかってたんでしょうね!
ネコさんでお父さんとお母さんがちゃんとそろってるのも
かなり珍しいと思うので
楽しくなりそうですね!!!

[29]

nyambiさん
くうが安心して子育てできる環境をつくってあげたいです。
あ~ちっちゃいのがヨチヨチ歩き始めたら かわいすぎる~!!

[30]

KiKiさん、はじめまして!!
いなみ と申します。履歴からやってきました!!

くうちゃん、おめでとーーーっ!!

なんてステキな家族なんだ!!
旦那さん、かっこいい!!!
こういう男と再婚したい(再婚かよ)

もう読んで、感動しまくり。
しかし、陣痛中とか、いきみ中とか、あんなオープンに見せてくれるなんて、よほど信頼関係ができあがってるんですね。すばらしい。感動。

6匹か~っすごいですね~
うちは、なぜか数少なくて、たいてい2、3匹でした。
最高は5匹。
同じ日に2匹が出産して、7匹の子猫が生まれたことはあります(笑)
もう~っ思い出して、赤ちゃん猫が触りたくなってきた(笑)

ヨチヨチしだしたら・・・携帯の画像メモリーなんてすぐにイッパイになりますよ(笑)かわいすぎて。

成長ぶりをまた見せてください!!
楽しみにしています!!

あ、リンクさせてください。よろしくお願いいたします。

[31]

いなみさん
はじめまして。
私も子猫の数は もっと少ないと思ってました。
「くう」は まだ10ヶ月だし、思ったより体も大きくならず たぶん 小さい方だと思うんです。
私も体が小さく 子供も小さく産まれたんで(関係ないか・・・) 「くう」も体に合わせて赤ちゃん産むんだと思っていたら ポコポコ生まれてきたんです。信じられな~いって感じでしたよ!

リンクしていただけるなんて感激です。

また、更新していきますので 宜しくです。

Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

猫と共同生活

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。